バツイチの人が出会い系サイトを使うこと

バツイチという言葉は、今の時代普通のことになりました。確かに過去においては、離婚というのは恥ずかしいことであり、あまり他の人には言いたくないことだったかもしれませんが、今ではそれは過去のものであり、バツイチに誇りを持っている人さえ少なくありません。以前に出会いと結婚を経験し、失敗したとはいえ、異性に夢中になった体験を持っていること、そしてそうした失敗の体験を活かしたいという前向きな気持ちがあるからです。それに異性としても、相手がバツイチであることをあまり気にしなくなってきています。むしろそうした体験をした人の方が、優しくて助けになってくれるのではないか、というポジティブな見方をしやすいのです。ですからバツイチの人は、どんどん自分の経歴を武器に、出会い系サイトなどで、積極的にアプローチをしていくことができるし、遠慮するべきではありません。

This entry was posted in 恋愛. Bookmark the permalink.

Comments are closed.