これからの太陽光発電との付き合い

太陽光発電といえば近年手軽な売電手段として盛んにキャンペーン等が行われましたが、一方で最近になって買い取り価格の大幅な値下げや処分方法等、デメリットも多く取りざたされるようになってきました。
では太陽光発電はやめたほうがいいのか?と言われればそれは間違いです。オール電化やパソコン、ハイブリットカー、PHVといった電力を使う要素が数年前と比べて大幅に増えているのも事実です。また充電地の性能向上により電気を貯めて、必要なときに使うということも日常的にできるようになってきています。今までは余った電気は売ることしかできませんできませんでしたが、これからは残らず使う、残して使う、といった新たな電気の使い方ができます。
確かにこれまでいろいろな場面で太陽光発電のメリットとして勧められてきた要素は弱まってきていますが、今まで以上に日々の生活のなかで役立つような進化を遂げてきているのです。

This entry was posted in 投資. Bookmark the permalink.

Comments are closed.